月別: 2013年4月
「真実の口」526 5度目の被災地入り④

「真実の口」526 5度目の被災地入り④

前回の続き・・・。 富岡町を後にした私たちは、とりあえず、買ってきた弁当をどこかで食べようということになった。 何度も楢葉町入りしている内藤さんの案内で、町が見下ろせる高台へと車を走らせた。 途中、東京電力福島第二原子力

「真実の口」525 5度目の被災地入り③

「真実の口」525 5度目の被災地入り③

前回の続き・・・。 我々が、辿り着いた先は、JR東日本常磐線の富岡駅だった。 放置されたままの家屋・・・。 放置されたままの店舗・・・。 放置されたままの自動車・・・。 放置されたままの駅舎・・・。 線路内に取り残された

「真実の口」524 5度目の被災地入り②

「真実の口」524 5度目の被災地入り②

前回の続き・・・。 いわき市に着いた我々は、レンタカーを借りて、食料調達をした。 目的地の楢葉町には、開いている店が無いからである。 楢葉町は、昨年8月10日午前0時に、“警戒区域”から“避難指示解除準備区域”に移行して

「真実の口」523 5度目の被災地入り①

「真実の口」523 5度目の被災地入り①

去る3月27日に福島県へ行ってきた。 目的は、抗酸化による放射線低減である。 当日、朝8時の特急で、いわき市まで行き、そこからレンタカーを借りて、目的地の双葉郡楢葉町へと向かう予定になっていた。 そのため、私は同行者であ

「真実の口」522 訪中記~番外編~

「真実の口」522 訪中記~番外編~

前回まで、訪中記として、寄稿してきたが、今回は中国に行って、『ふ~む・・・(@・д・@)??)と思ったことを寄稿してみたいと思う。 初日、晩餐を済ませ、ホテルに帰った。 部屋に入り、休憩がてら、タブレットを取り出し、Ya

「真実の口」521 訪中記(2013年3月)・・・⑧

「真実の口」521 訪中記(2013年3月)・・・⑧

前回の続き・・・。 訪中3日目。 この日は、特にスケジュールもなく、午後の便で帰るだけかと思っていたのだが・・・。 前夜、今後、私とのコミュニケーションを図るための通訳を新たに雇いたいという理由で、ある人物の面接をして欲

「真実の口」520 訪中記(2013年3月)・・・⑦

「真実の口」520 訪中記(2013年3月)・・・⑦

前回の続き・・・。 講習会には、スタッフやこれから環境回復サロンの運営を考えていらっしゃる方を含めて20数名程度が出席していた。 我々が、話を進めていく上で、一番頭を痛める所は、抗酸化に対する理解度である。 バラツキがあ

「真実の口」519 訪中記(2013年3月)・・・⑥

「真実の口」519 訪中記(2013年3月)・・・⑥

前日の続き・・・。 現地を後にした我々は、昨日、足を運んだ店舗へ向かった。 昨日は気付かなかったが、店舗の周りには、春の訪れを伝える桜が咲いていた。 桜の向こうには、高層ビル群がそびえ立っているのだが・・・。 この日の残

「真実の口」518 訪中記(2013年3月)・・・⑤

「真実の口」518 訪中記(2013年3月)・・・⑤

前回の続き・・・。 訪中2日目。 午前中は、高速道路の下の空きスペースを利用して植物を植えているのだが、その植物の元気がなく、粉塵で汚れているので、何とかならないだろうかという相談だった。 現在は、“ある商品”で対応して

「真実の口」517 訪中記(2013年3月)・・・④

「真実の口」517 訪中記(2013年3月)・・・④

前回の続き・・・。 前回の寄稿で中国人とのビジネスは難しいと思った人もいるのではないだろうか? しかし、違うのである。 今回、中国とのビジネスを展開するにあたり、中国関連の本を10冊ほど購入して、中国という国がどういう国