カテゴリー: 社長ブログ「真実の口」
「真実の口」2,177 来るべき大地震に備えて ㊵

「真実の口」2,177 来るべき大地震に備えて ㊵

前回の続き・・・。 前回、タワーマンションの急増とこれら賃貸率増加が厄介な問題になってくるということに触れた。 国土交通省が設置した「今後のマンション政策のあり方に関する検討会」の中でも、これらの問題を取り上げている。

「真実の口」2,176 来るべき大地震に備えて ㊴

「真実の口」2,176 来るべき大地震に備えて ㊴

前回の続き・・・。 前回、東北大学の研究チームによる、南海トラフ限定の後発地震発生の確率利得を紹介した。 同チームは以下のようにまとめている。 【 南海トラフにおける後発地震の発生確率のポイント 】 ・ 南海トラフの後発

「真実の口」2,175 来るべき大地震に備えて ㊳

「真実の口」2,175 来るべき大地震に備えて ㊳

前回の続き・・・。 前回、半割れ及び一部割れケースにおける後発地震発生の確率利得を紹介した。 東北大学の研究チームは、後発地震発生の確率利得を以下のようにまとめている 【 世界の地震統計データから得られた後発地震の発生確

「真実の口」2,174 来るべき大地震に備えて ㊲

「真実の口」2,174 来るべき大地震に備えて ㊲

前回の続き・・・。 前回、昭和東南海地震、昭和東南海地震の被害状況を寄稿した。 当時の人口を調べてみた。 年次 総数 (単位: 1,000 人) 人口密度 ( 1km2 につき) 1941 ( 昭和16 ) 年 72,2

「真実の口」2,173 来るべき大地震に備えて ㉟

「真実の口」2,173 来るべき大地震に備えて ㉟

前回の続き・・・。 前回、熊野灘と紀伊水道沖に設置されている DONET を紹介した。 うっかり、どのくらいの深度に摂津されているかを書き漏らしたので、追記する。 DONET1 最浅部・・・ 1,841m DONET1

「真実の口」2,172 来るべき大地震に備えて ㉟

「真実の口」2,172 来るべき大地震に備えて ㉟

前回の続き・・・。 前回、東北地方太平洋沖に設置されている S-net を紹介した。 「南海トラフ対策は?」とお思いの方もいらっしゃると思うが、南海トラフ地震対策にも余念は無いようだ(笑) それが DONET だ!!!!

「真実の口」2,171 来るべき大地震に備えて ㉞

「真実の口」2,171 来るべき大地震に備えて ㉞

前回の続き・・・。 前回、 K-net 、 Kik-net 、 F-net という地震観測網を紹介した。 今回は、海溝海底で起きた地震津波観測網を紹介する。 まず、東日本大震災で津波による被害が甚大だったことを受けて整備

「真実の口」2,170 来るべき大地震に備えて ㉝

「真実の口」2,170 来るべき大地震に備えて ㉝

前回の続き・・・。 前項まで Hi-net に関して寄稿してきた。 Hi-net で観測されたものがどのようなことに活用されていくつかをまとめてみる。 ・緊急地震速報 ・気象庁の一元化震源決定への利用 ・地震本部の現状評

「真実の口」2,169 来るべき大地震に備えて ㉜

「真実の口」2,169 来るべき大地震に備えて ㉜

前回の続き・・・。 『基盤的高感度地震観測網( Hi-net )』が構築される前段階までを寄稿した。 総数 1,313 ヶ所にものぼる全国に設置されている Hi-net は以下のようなシステムだ。 下図のように、観測計器

「真実の口」2,168 来るべき大地震に備えて ㉛

「真実の口」2,168 来るべき大地震に備えて ㉛

前回の続き・・・。 前回、スロースリップに関しての検証を行ってみた。 ただ、我が国では、前述した電子基準点の他に、地震観測に関する『基盤的高感度地震観測網( Hi-net )』というものがある。 『基盤的高感度地震観測網