カテゴリー: 社長ブログ「真実の口」
「真実の口」2,161 来るべき大地震に備えて ㉔

「真実の口」2,161 来るべき大地震に備えて ㉔

前回の続き・・・。 前回、‟地震学ムラ”が作られる過程を寄稿した。 実際、どの規模の予算が当てられたのかを見てみよう。 上のグラフは、文部科学省から出されているものなのだが、昭和 40 年 ~ 平成 20 年までのもので

「真実の口」2,160 来るべき大地震に備えて ㉓

「真実の口」2,160 来るべき大地震に備えて ㉓

前回の続き・・・。 『地震予知研究計画・第 1 次計画( 1965 ~ 1968 )』について寄稿した。 ゲラー氏によると、地震予知研究計画の中にある‟研究”という文字がキーワードになるらしい。 文部科学省の中に以下のよ

「真実の口」2,159 来るべき大地震に備えて ㉒

「真実の口」2,159 来るべき大地震に備えて ㉒

前回の続き・・・。 前回、過去の大地震の地震前の発生確率と実際に起きた際の規模や被害を紹介した。 本当に地震の予知・予測は出来るのだろうか? ゲラー氏の著書には、地震予知研究にとって、発端となった文書が紹介されている。

「真実の口」2,158 来るべき大地震に備えて ㉑

「真実の口」2,158 来るべき大地震に備えて ㉑

前回の続き・・・。 「日本は地震予知ができないことを認めるべきだ。」 東京大学大学院理学系研究科:ロバート・ジェームズ・ゲラー客員共同研究員の言葉である。 ロバート・ジェームズ・ゲラー氏とはどんな人物なのだろうか? 19

「真実の口」2,158 来るべき大地震に備えて ⑳

「真実の口」2,158 来るべき大地震に備えて ⑳

前回の続き・・・。 小沢慧一氏著『南海トラフ地震の真実』から、科学をベースにするため発生確率を引き下げたい「地震学」側 vs 予算確保のために現状維持を諮る「防災学」側という対立構造の果てに、南海トラフ地震の 30 年発

「真実の口」2,157 来るべき大地震に備えて ⑲

「真実の口」2,157 来るべき大地震に備えて ⑲

前回の続き・・・。 小沢慧一氏著『南海トラフ地震の真実』によると・・・。 南海トラフ地震 30 年内発生確率 70 ~ 80% の予測をはじき出す『時間予測モデル』の提唱者は島崎邦彦東大名誉教授が元とされている。 島崎氏

「真実の口」2,156 来るべき大地震に備えて ⑱

「真実の口」2,156 来るべき大地震に備えて ⑱

前回の続き・・・。 前回、出張前に台湾で地震があり、沖縄県に津波警報が発令された話を寄稿した。 3 日午前 7 時 58 分(日本時間午前 8 時 58 分)に発しした台湾東部沖地震は、 M7.4 という規模で、台湾で起

「真実の口」2,155 来るべき大地震に備えて ⑰

「真実の口」2,155 来るべき大地震に備えて ⑰

前回の続き・・・。 4 月 3 日 9 時 2 分、木~金が出張のため、 4/5(金) 分の Blog を書き始めていたところだった。 BGM 代わりにつけていたテレビの情報番組から、緊急津波警報が流れた。 まだ、情報が

「真実の口」2,154 来るべき大地震に備えて ⑯

「真実の口」2,154 来るべき大地震に備えて ⑯

前回の続き・・・。 【 行政の対応シナリオ】  《地震発生直後》 ◎ 防災体制: ・ 政府緊急参集チーム参集、緊急災害対策本部の設置 ・ 被災した都府県庁等にリエゾンを派遣 ・ 緊急災害現地対策本部の設置 ◎ 情報収集・

「真実の口」2,153 来るべき大地震に備えて ⑮

「真実の口」2,153 来るべき大地震に備えて ⑮

前回の続き・・・。 【 生活への影響~帰宅困難者~ 】  《地震発生直後》 ◎膨大な数の滞留者の発生 : ・ 平日の 12 時に地震が発生し、公共交通機関が広域的に停止した場合、一時的に外出先に滞留する人(自宅のあるゾー